モビット 増額 条件

1.モビットの限度額を増額するための条件

せっかくモビットのカードローン審査に通って利用しているけれど、希望通りの借入限度額じゃないという人もいるのではないでしょうか。
この限度額で十分という場合にはいいのですが、もう少し増えてほしいという場合には、実は借入限度額の増額申請ができるのです。
申し込み自体は誰でもできるのですが、増額されるかされないかは、モビット側が審査を行って判断します。
増額申請では、契約時の初期審査とはまた別の視点からも、利用者の信用度がはかられます。
では、その増額審査に無事に通るには、どのような条件があり、何に気を付ければ良いのでしょうか。

 

1-1.増額するには審査がある

モビットで増額を希望する場合、モビット側から増枠の案内がくる、もしくは電話やMyモビ(モビットの会員サービス)から増額申し込みする方法があります。
増額の申し込みをすれば、必ず利用限度額が上がるという訳ではなく、契約時に行われたようにモビット側で審査を行います。
増枠審査はもちろん落ちてしまうこともありますので、その場合には借入限度額は変わりません。
新規契約時の審査に比べて、増枠審査はより厳しいと言われています。
なぜなら、限度額増枠によって新たな借入ができるようになるので、利用者が返済できなくなるリスクがより高まるからです。

 

モビット 増額 審査

 

1-2.年収アップは増額に有利

増枠審査においての審査基準は、限度額引き上げをしてもきちんと返済できるかという点です。
つまり、利用者の返済能力の有無が問われます。
従って、年収が上がっている場合、返済能力が上がっていると判断される可能性が高く、増枠審査に有利に働きます。
また、とくにモビットのような消費者金融では、裁量規制により利用者の年収の3分の1までしか貸し付けをできませんので、年収の変化は融資限度額に大きな影響を与えます。
モビットもたくさん借りてもらった方が良いですから、法的に貸し付けられる金額が上がれば、融資限度額もあげたいというのが、正直なところでしょう。

 

1-3.一定期間の利用実績は必須

カードローン会社が借入利用限度額を引き上げるメリットは、利用者がよりたくさん借り入れてくれるようになるということです。
モビットはお金を貸してその金利で利益を上げている会社なので、たくさん借りて、きちんと返してくれる人は彼らにとって優良顧客なのです。
そのため、借り入れをあまりしない利用者は、審査担当者に限度額の引き上げは必要ないと判断される場合があります。
従って、増額したい場合には利用実績を作ることが大切です。
少なくとも半年から1年ほど、返済と借入の利用履歴がないと、増額審査には通りづらいと言われています。

 

1-4.他社借入額も審査に影響

モビットのカードローンは、総量規制の対象となるため、利用者の年収の3分の1以上の貸付はできません。
そのため、初期審査の時と同様に、増枠審査の際にも個人信用情報が調べられます。
この時に、他社でのカードローン利用やキャッシングの利用があると印象が悪く、貸し倒れるリスクを考えて、たとえ総量規制上問題なくても増額申請を認めないことがあるのです。
本人としては計画的に利用しているつもりでも、いろいろなところからたくさん借入をしている人って、信用できないですよね。
そのため、モビットのカードローンを増枠したい場合には、他社での借入を控えるのがオススメです。

 

1-5.総量規制も考慮しよう

モビットの増額審査で、個人信用情報が調査される理由の一つが、他社での借入額を調査するためです。
消費者金融などの貸金業者は、貸金業法にのっとって運営されています。
貸金業法には、裁量規制という決まりがあり、他社借入を含めて利用者の年収の3分の1以上は貸し付けてはいけないことになっています。
もし、モビット以外に他社でカードローンやキャッシングを利用している場合には、借入額を確認しましょう。
すでに自分の年収の3分の1に達しそうな場合には、増枠審査には通らないと思っていいでしょう。
もし、借入を減らせるよなら、返済して少なくしましょう。

2.限度額増額のためにできること

上で説明した通り、モビットで利用限度額を増額するためには、いくつかの条件を満たす必要があります。
しかし、上記した全ての条件を満たしていないと増額ができないという訳ではありません。
例えば、新規契約時と比較して特に年収に変化がない人であっても、返済に遅れることなく利用実績を積み重ねていれば、増額審査に通る可能性もあります。
というのも、一定期間きちんと返済してくれている人であれば、モビットとの信頼関係が築かれているからです。
こういった人の場合は、総量規制に引っ掛からない範囲内で増額できる可能性が高いと言えます。
つまり、限度額を上げようと思うなら、とにかくモビットに信用できる人間であると印象付けなければなりません。
そのためには、いくつかポイントがあるのです。

 

2-1.転職・引越しなどの届出は必ずする

カードローンでの増額審査では、契約から今までの利用者の利用履歴をもとに信用度が審査されます。
きちんと返済されているかということはもちろん大切なのですが、カードローン会社に申告している個人情報も常に正確なものであった方が、より信用度が高いと判断されます。
例えば、引っ越しをして住所が変わった場合には、できるだけ早く届け出をしましょう。
住所や電話番号が変わって連絡がつかなくなってしまうと、お金を貸す側としてはとてもリスクを感じますよね。
また、転職した場合にも、本人の収入に関わる情報ですので、できるだけ早く報告することが大切です。

 

2-2.少額の借入・返済を繰り返す

融資限度額をモビット側が増額したいと思う利用者像は、たくさん借りてくれてきちんと返済してくれる人です。
その方が、金利収入が多いので、そういう人は会社にとっては優良顧客なのです。
このような利用実績は、借りた総額はもちろんのこと、借りた回数も審査されます。
たとえば契約してから1年で、始めに50万円借りただけで、すぐに返済も終わってそれから全く利用していない人よりも、コンスタントに10万円借りて、返してを繰り返してくれている人の方が、増額したらこれからさらにたくさん利用してくれる可能性を誰でも感じますよね。

 

2-3.返済の遅延は絶対にしない

現在の利用限度額で、返済の延滞をしている、もしくは遅れたことがある場合には、基本的には増額審査に通ることはありません。
今の限度額でも確実に返済をしてくれない利用者に、さらにたくさん貸し付けるなんてそんなリスキーなことできませんよね。
ですので、返済の遅延は絶対にしてはいけません。
また、増額を希望するモビットだけでなく、他のカードローンやキャッシングでも、返済遅延は禁物です。
審査の際に個人信用情報が調査されたときに、他社での返済遅延はあれば必ず発覚しますので、同様に増額審査には基本的には通らないと思っておきましょう。

3.主婦でもモビットの増額は可能?

モビットは、20歳以上で安定した収入が得られているのであれば、パート主婦でも借入することができます。
しかし、このような人たちは契約は出来ても、増額することは可能なのでしょうか?
もちろん、パート主婦なら収入はあるので増額の可能性はありです。
ただし、昇給や昇格などで収入が以前より増えたという事実が必要でしょう。
その時は、給与明細などを提出し、モビット側に昇給を証明する必要があります。
モビットが返済能力がアップしたと判断した場合、パート主婦でも増額をしてくれる可能性があります。

4.増額の条件は厳しい!でもヤミ金の利用はダメ!

増額審査に通るには、利用期間や利用実績に関して一定の条件を満たしている必要がありますが、この条件をクリアーできない人たちもいます。
増額できる条件に当てはまらないからと言って、甘い謳い文句につられてヤミ金に手を出すことは絶対に止めてください。
ヤミ金は、「審査が甘い!」、「ブラックOK」、「他社で断られた方OK」など、甘い謳い文句で利用者を勧誘します。
また、最近では小額融資のソフト闇金などもあるので、注意しましょう。
ヤミ金は、金利がありえない程高く、返済期間も短いため、返済できないと高金利でどんどん借金が増えていきます。
取り立てなどで恐ろしい思いをすることもあるので、決して安易に利用しないでください。