モビット 増額 審査

1.モビットの審査内容を徹底チェック!

モビット 増額 時間

今月の支払いが厳しい、どうしても欲しいものがあるけど給料日までまだまだある、そんな時に便利なカードローンですが、もう少し利用限度額が高ければと思っている人が多いようです。
そんな時には、利用限度額を増枠してもらうことができるのをご存知ですか?
消費者金融のモビットももちろん増枠申請ができます。
ただし、増枠してもらうためには契約時に受けたような審査をまたクリアしなければなりません。
増枠審査では、契約時に受けた初期審査とは違う視点で、利用者の信用度や返済能力が判断されます。
では具体的にはどのような点が見られるのでしょうか?

 

1-1.増額審査で重視されるポイントは?

モビットに限らずどこの金融機関も、カードローンの増額に対しては慎重な判断を下しています。
なぜなら、融資限度額が上がることで、利用者が返済できなくなる可能性があるからです。
ただし、融資額が増えると利子収入が増えるので、信頼できる人物には積極的に増額したいのです。
そのため、増額審査では厳しい基準で審査が行われます。
どれくらい借りていて、きちんと返済できているのかという点が最も見られる部分でしょう。
ほとんど利用していない人に増額する必要はないと判断されるからです。
さらに、返済が遅れたり、滞ったりする人は、融資額を増やすと返済事故につながりかねないので、増額は認められないでしょう。

 

1-2.再び職場への在籍確認の電話がある?

どこの消費者金融でも銀行でも、カードローンの初期審査の際には、基本的には勤務先への在籍確認の電話はあります。
カードローンの審査において、申告された勤務先が正確であるかという点はとても重視されます。
モビットの場合にも、在籍確認の電話は基本的には行われますが、WEB完結申し込みの場合には、在籍確認の電話が省略されると公式ホームページにも掲載されています。
この場合には社会保険証や組合保険証の確認により、在籍確認が行われます。
増額審査の場合には、初期審査にて在籍確認が完了していれば、職場が変わっていない限り行われることは基本的にはありません。

1-3.モビットの増額審査は厳しいの?

モビットに限らず、カードローンの増額審査は初期審査に比べて厳しいと言われています。
なぜなら、借入限度額が上がることで高額な借り入れができるようになり、逆に返済できなくなる可能性があるからです。
さらに、初期審査では、利用者が問題のある人物でないかという点が審査されますが、増額審査では、さらにたくさん貸し付けることに金融機関側にメリットがなければなりません。
初期審査の時よりもさらに信頼性が上積みされていなければ、増額審査に通るのは難しいのです。
たとえば、利用実績をつんで信頼度を挙げ、貸し付けるメリットがあると判断してもらう必要があります。

2.モビットの増額審査には時間がかかる?

モビットの新規申込の際には、ネットやフリーダイヤルで申し込めば最短30分で審査結果が電話にて知らされます。
初期審査の場合は審査時間が短いのに加えて優先的に審査されますので、申し込んだその日に融資を受けることも可能です。
ただし、増額審査の場合にはそうはいきません。
新規審査以上にじっくり審査が行われますし、どうしても新規申込の方が優先される傾向にあるので、早くても2〜3日は結果連絡までかかってしまいます。
増額を希望する場合には、増額申請から数日から1週間ほどかかることを考慮して申し込みを行う必要があります。

 

モビット 増額 時間

 

2-1.3日〜1週間程度は必要

急な出費でまずい!すぐに融資をさらに受けたい!という場合にモビットに増額申請をしたとしても、すぐに増額をされるということはありません。
増額審査はどこのカードローン会社も慎重に行われますので、だいたい3日から1週間ほどかかる場合が多いです。
また、申し込んだからといって必ず増額が認められるとは限りません。
審査にも時間がかかり、審査内容も厳しいので、急な出費においてカードローンの増額はあまりあてにできないと言えます。
急ぎの場合には、他社のカードローンを新規で申し込む方が早く融資を受けられるのでおすすめです。

3.審査結果はどうやって連絡される?

初期審査においては、モビットの場合基本的には電話にて審査結果が知らされます。
ただし、電話で審査結果を受けたくないという場合には、WEB完結申し込みを利用すればメールで審査結果を受け取ることもできます。
モビットの増枠申請の方法には、フリーダイヤルに電話をして申し込む場合と、モビット側から増枠の連絡が来る場合と、ネットのMyモビにて申し込む場合があります。
増枠審査の結果連絡は、初期審査と同じく基本的には電話にて行われます。
ただし、メールでの結果連絡も選択できる可能性もありますので、どうしても電話は難しい場合にはオペレーターに相談してみましょう。

4.モビットの増額審査に通る人の共通点

増枠審査は金融機関によって審査基準が異なり、また公表もされていません。
ただし、どの金融機関にも共通しているのが、きちんと返済できる経済力があり返済してくれると信用できる人物であるかという点と、増額することでよりたくさん利用してくれて会社にとって利益をもたらしてくれるかという点です。
さらに融資額を増やすと、返済するにはさらなる経済力が必要です。
また、これまでに返済の遅れや滞りがあっては、増額すればさらに返済が難しくなるのは目に見えています。
増額申請までにたくさん利用してくれていることも大切なポイントとなります。

 

4-1.半年以上の利用実績がある

モビットなどの金融機関のカードローンは、申し込みから少なくとも半年、できれば1年以上の利用実績がないと増枠審査に通るのは難しいと言われています。
金融機関にとって利用者の限度額を増額するメリットは、利用金額が増えて利子収入が増えることです。
ただし、増額をすることで、返済が滞るリスクも高くなります。
従って、一定期間利用者がどれくらい利用していて、きちんと返済しているかを検証して、この利用者に増額するメリットはあるのか、増額してもきちんと返済してくれる見込みはあるのかが判断されます。
そのために少なくとも半年以上は利用実績が必要なのです。

 

4-2.過去に返済の遅れがない

増額をすれば利用者は今よりも利用しやすくなるので、金融機関にとっては利子収入が増えることになります。
ただし、たくさん借り入れを行えるということは、返済が難しくなる可能性も高まるということです。
そのため、金融機関としては増額してもこの利用者はきちんと返済ができるかという点を、審査で慎重に判断します。
増枠申請をした時点で、過去に返済遅れがあるのは言語道断です。
現状でも返済遅れが出ているので、増額するのは危険だと判断されることは間違いありません。
ですので、返済遅れがある場合には増枠審査に通ることは難しいでしょう。

 

4-3.他社からの借り入れがない・減っている

モビットのような消費者金融は貸金業者にあたり、貸金業法に則って運営されています。
貸金業法には、裁量規制というルールがあり、他社からの借り入れを含めて利用者の年収の3分の1以上の貸付をしてはいけないこととなっています。
初期審査の際にもこの観点から、他社での借り入れ状況が確認され、裁量規制の範囲内で利用限度額が設定されます。
この時から、他社での借り入れが増えている場合には増額は難しくなります。
理想は、他社での借り入れが減っていることですが、初期審査では裁量規制の範囲いっぱいいっぱいまで利用限度額が設定されるということは少ないので、他社借り入れが増えていなければ審査通過の可能性はあります。

 

4-4.前回の申請から一定期間が経過している

一度増額申請をしたけれども、さらに増額したい場合や、前回は審査に通らなかった場合には、その後すぐに増額申請をしても審査に通るのは難しいでしょう。
前回よりもさらに増額したい場合には、前回の審査時点よりもさらなる信頼度がなければ増額されませんので、それを金融機関側が判断するまでに一定期間時間がかかるからです。
過去に返済遅れがなく、裁量規制上も増額が問題ない場合、審査に通らなかった理由は、おそらく利用実績の不足だと思われます。
半年ほどかけてさらなる実績をつくるよう努めて、金融機関に優良顧客であると判断してもらえるようにしましょう。

5.基本的な審査基準とは

雇用形態

審査をする際には、利用者の雇用形態や居住形態、家族構成などを点数化し計算して、高い点数を取る人ほど、審査が通りやすくなるようになっています。
雇用形態は、経済状況を知ることができ、利用者に返済能力があるかどうかを判断する重要な審査基準です。
一般的に、公務員正社員派遣社員パート・アルバイトの順で高く評価されています。
公務員は年収が高く経済的に安定しているため、審査の点数を付ける時に高い点が付き、パートやアルバイトなどは点数が低くなります。
また、勤務年数は長い方がよいと判断されます。
勤務年数が短いと離職する確率が高いとされ、安定収入とみなされないので審査には不利になります。

 

居住形態

審査では、居住形態も評価の対象になります。
居住形態は、持ち家社宅賃貸の順で高く評価されます。
なぜなら、持ち家や社宅だと夜逃げの可能性が低くなるからです。
しかし、大手企業の社宅や公務員の官舎などは審査にプラスに働きます。
また、持ち家は住宅ローンが払い終わっていると、お金が返済にしっかりと使われると判断され審査に有利になります。
さらに、居住年数が長いほど有利で、3年以上から10年以上居住していると高い点数が付きます。
利用者が借金を踏み倒し逃げる心配がないか、すぐに連絡が取れる場所にいるかなどが大きな判断要素になっているのです。

 

家族構成

お金を返済に使えるかどうかは大きな判断基準になりますが、家族構成でそれを判断することができます。
家族構成は、親と同居配偶者と2人子供がいる一人暮らしの順で高く評価されます。
親と同居をしていると、返済が遅延した場合に連絡が行くので、バレたくなくて返済をしっかりすると判断されます。
子どもがいる家庭は、出費が多いので返済能力が低いとみなされ点数は低く、一人暮らしだとトラブルがあっても誰にもばれない可能性があるため、返済を遅延したり連絡がとれなくなる恐れがあるからです。
「お金を返済に充てることができる環境にいるかどうか」という点が、評価のポイントになるようです。