モビット 増額 在籍確認

1.増額審査にも在籍確認があるの?

利用限度額が少ない人にとって、返済中に急な出費があって追加で融資を受けたい時など、どうしようかと困ってしまいますよね。
どんな時に備えて今利用しているカードローンの限度額を増額したいと考えている人も多いはずです。
しかし、増額申請をする際に審査は厳しいのか?いくら増額できるのか?など気になる点はいくつかあります。
中でも、審査で再び在籍確認はあるのか?という点が特に気になるという人もいるのではないでしょうか。
消費者金融であれ、銀行カードローンであれ、審査の際に在籍確認はつきものですよね?
このページでは、モビットの増額審査における在籍確認について解説していきます。

 

1-1.基本的に契約時のみ!増額審査では在籍確認なし

初回の申込み時の在籍確認はドキドキしたという人も多いのではないでしょうか。
普段職場に電話などかかってくることがないという人には、ほんの数分で終わる簡単な在籍確認でも緊張するという人は多くいます。
増額審査のためにまた在籍確認があるとなると憂鬱になってしまいますよね。
しかし、基本的には在籍確認はないと思っていても大丈夫です。
在籍確認は初回契約時のみが基本となっているため、その後は増額審査の時でも、ほとんどの人が在籍確認なしで審査を受けているようです。
増額ができる可能性があるのなら、在籍確認は気にせず申請をしてみてはいかがでしょうか。

2.在籍確認があるのはどんなケース?

増額審査では基本的に在籍確認がないといっても、絶対にないというわけではありません。
増枠の体験談を見ても、増額をしませんか?というお誘いがあり、そのままOKすると、すぐに在籍確認がおこなわれたという人もいます。
では、どのようなケースの時に在籍確認がおこなわれるのでしょうか。
それは、モビットが在籍確認が必要と判断した時です。
増額審査では、借入状況や利用実績と同じように、在籍確認はとても重要な確認です。
確実な返済を続けていくためには、しっかりと働く必要があり、本当に働いているのか?、以前の会社に今も勤めているのか?と確認するのは自然な流れとも言えるのではないでしょうか。
具体的に、在籍確認が必要なケースには2種類あると考えられます。

 

2-1.転職している

転職した時には、新たな勤務先をモビットに伝える必要があるのですが、毎月の返済をしっかりと続けている人は、在籍確認もなく済まされているという人もいるようです。
しかし、増額申請をすれば、転職したことを伝えた時に在籍確認されていないのなら、まず在籍確認はされると考えておきましょう。
モビットとしても、申請した勤務先に今も勤務をしているのかは審査時にはしっかりと確認しておきたいものです。
新たな職場で、また在籍確認があるのかと思うかもしれませんが、一時的なものなので気楽に対応してみてはいかがでしょうか。

 

増額審査 転職

 

2-2..初回契約から数年経過している

転職している場合は在籍確認は当然とも考えられるのですが、転職していなくても、在籍確認があるケースがあります。
初回契約から数年経過しているという人は、増額審査のタイミングで再度在籍確認が行われるケースがあります。
通常は、転職をしたり住所変更などがあれば、モビットに申告する必要があるのですが、中には申告せずそのままにしているという人もいます。
もし、個人情報に変更があるのに増額申請をしてしまうと、増額どころか解約になってしまうケースもあります。
それほど個人情報の変更は重要視されています。
この確認のためにも、数年経過している人の場合には在籍確認がおこなわれる可能性は高いと考えられます。

3.在籍確認なしで審査してもらうには

増額してもらうためとはいえ、在籍確認はどうしても避けたいという人もいるのではないでしょうか。
モビット側が在籍確認の必要性を感じているのなら、この在籍確認は甘んじて受け入れる必要があるのですが、転職したばかりで職場の人にお金に困っていると思われたくないというのが本音ですよね。
在籍確認では個人名で電話をかけてくれるため、すぐにバレるというものではないのですが、消費者金融を良く利用している同僚などがいれば、すぐに怪しまれる可能性もあります。
実は、この在籍確認は電話連絡以外にも確認する方法はあります。
どうしても避けたいという人は、その方法を相談する必要があります。

 

3-1.まずは担当者に相談を

増額審査での在籍確認をどうしても避けたいという人は、モビットの担当者に相談をしてみましょう。
モビットは、在籍確認に対して柔軟な対応をしていると言われている消費者金融です。
相談することで他の方法で対応してくれる可能性はあります。
相談をしたからといって審査に影響するということありませんから、在籍確認を避けたいという人はまずは連絡してみることをおすすめします。
もし在籍確認をするにしても、職場に人が少ない時ならOKという人もいると思います。
事前に連絡をしてタイミングを相談するだけでも、在籍確認のプレッシャーも軽減できるのではないでしょうか。

 

3-2.収入証明書や給与明細を提出する

モビットは、必要書類の提出など代替措置で勤務先への在籍確認としてくれることがあります。
どうしても在籍確認をされたくないという人には強い味方となってくれる方法ですね。
この代替措置とは、勤務先への電話連絡以外の方法で確認をするということで、在籍を証明する書類を提出する必要があります。
そもそも在籍確認というのは、申告された勤務先への在籍を確認するためだけのものです。
そのため、書類で勤務先への在籍が確認ができるのなら特に問題はありません。
具体的には、収入証明書や給与明細書を提出すれば、収入が得られていることが確認できますし、そこに勤務先が記入されていれば、勤務先の確認にもなります。
相談時には、この代替措置の対応が可能かどうかを確認しましょう。

4.在籍確認の内容は?

増額審査の在籍確認となると、初回の時とは状況が違うため、特別な在籍確認がされるのではないかと不安を抱えている人もいるかもしれません。
以前の審査で決まった利用限度額以上に増額してもらうとなると、そのような不安を抱えても当然かもしれません。
初回契約時よりも年収が上がっているという人ならいいのですが、年収が変わっていないという人は不安ですよね。
一般的には、初回の審査よりも増額審査の方が厳しいと言われています。
しかし、初回の在籍確認と、増額審査の在籍確認は特に変わったところはないと考えておいて大丈夫そうです。

 

4-1.初回審査の在籍確認と同じ

初回は緊張したけど、意外と簡単に在籍確認が終わったと感じた人は多いはずです。
在籍確認を敬遠する人は多くいるのですが、一度経験すると、特に問題なくすぐに終わるという事が分かると思います。
これは、増額審査でも同じようです。
大切なのは勤務先に在籍しているかどうかが確認できるということ。
勤務先への電話連絡によって、今の仕事内容や給与額、借入れ状況などを聞こうというものではありません。
電話をかけて、その電話に出るだけで十分に確認は終わってしまうのです。
モビットは、利用者への配慮から個人名で電話をかけてくれますし、答えづらいいような質問もしてきません。
スムーズに増額審査を終わらせるためにも、気軽に対応してみてはいかがでしょうか。"