カードローン 増額 信用情報

1.カードローンの増額申請は信用情報に影響する?

結論から書いてしまえば、カードローンの増額申請は信用情報に影響します。
信用情報には、クレジットカードの利用歴、キャッシング等の返済歴の他、カードローンの増額申請なども記録されています。
そのため、増額申請をしたすぐ後に他のカードローンで増額申請を出しても、審査に落ちるか、そもそも審査自体を却下される可能性があります。
ここからは、カードローンの増額申請と信用情報について詳しく見ていきたいと思います。

 

1-1.増枠審査の場合は途上与信の一環

「途上与信」という言葉をご存知でしょうか?
キャッシングやカードローン、クレジットカードをあまり使わない人であれば聞き馴染みないかもしれませんね。
これらの金融商品は審査に一度通ったら永遠に使える、というものではなく、銀行や消費者金融はその後の利用状況、信用情報、属性なども常にチェックしています。
このチェックのことを途上与信と呼んでいます。
途上与信があるからこそ、悪質な利用者に対してはクレジットカードやカードローンの利用停止処分などが行われています。
カードローンの増額審査も、途上与信の一環であると考えても問題はないでしょう。

 

1-2.途上与信の期間とタイミング

カードローンに関しての途上与信のタイミングは各金融機関によって頻度が異なるため、一概にコレと言い当てることはできません。
しかし、傾向としてノンバンク系カードローンよりも銀行系カードローンの方が頻繁に途上与信を行っていると言われています。
具体的な周期、タイミングは内部秘密なので知ることができません。
しかし、信用情報会社に自分の情報開示申請をして信用情報を見せてもらうと、利用しているカードローン業者がいつ途上与信をしたかの履歴も知ることができるためある程度の傾向は窺い知ることができます。

 

1-3.途上与信でチェックされること

途上与信でチェックされる内容にはどのようなものが含まれるのでしょうか?
主要なものを挙げると、他社借入総額、他社借入件数、他社借入総額、借り入れ、返済歴、金融商品への申し込み状況、金融商品の利用履歴です。
これらに不安要素があると、程度によってはカードローンなどの使用停止や上限額の引き下げなどが行われてしまいます。
特に、返済に関して問題があると途上与信に引っかかりやすくなってしまいます。
ちなみに、現在では途上与信のほとんどはコンピューターによる自動チェックで済まされているため、昔に比べて途上与信の頻度は高くなっているとも言われています。

2.増額が否決された場合の影響は?

カードローンの増額申請自体が信用情報に記録されてしまう事は理解してもらえたと思います。
また、このような審査が途上与信の一環に含まれることも説明しました。
ここからは、申請を出した後について少し説明していきたいと思います。
申請を出したら審査を受けるわけですが、ここで通る場合と落ちてしまう場合がありますよね。
審査通過の場合は一先ず置いておいて、増枠審査に残念ながら落ちてしまった場合には信用情報にどのような影響があるのでしょうか?

 

2-1.増額否決は信用情報に登録される

増額審査の否決は信用情報に記録されてしまいます。
信用情報はほぼ全ての金融機関で共有される情報なので、審査に落ちたからと言って他のカードローンに新規で申込んだり、他の業者で増額申請を出しても審査に通過する可能性は限りなくゼロに近いです。
とはいえ、増額審査の結果が信用情報に登録されたとしても一定期間過ぎてしまえば、その情報が消されるためそれほど問題にはならないでしょう。
そもそも、審査に通過しようが落ちようが金融審査を受けた後は一定期間を置かなければ「申込ブラック」として記録されてしまうため、落ちてしまったからといって信用情報に実質的な影響は無いでしょう。

 

2-2.登録される期間はどれくらい?

増額審査に落ちてしまった場合の情報がどれくらいの期間記録されてしまうかに関しての明確な説明はされていません。
しかし、約半年過ぎれば再び通常通りの審査を受けられることを考えると、この情報が登録されている期間も約半年ではないかと推測することができます。
ただし、注意しなくてはいけない点として、あくまでも記録されているのは「審査に落ちたという事」だけです。
そもそも金融事故などが原因で、審査に落ちてしまった場合には登録期間を過ぎるまで審査に通ることはないため気を付けなければいけません。

 

2-3.否決後は新規申し込みも通りにくい

少し考えてもらえれば想像はつくと思いますが、この審査結果も信用情報に含まれる情報の一つです。
そのため、カードローンなどの新規契約時の審査にも参照されてしまう事柄の一つでもあります。
「増額審査に落ちた」、という情報は金融機関側からすれば、返済能力に問題があるのではないか、収入状況に問題があるのではないか、など不安要素、リスクが大きいため融資をお断りするケースが多いです。
また、増額審査に落ちなくても、増額審査をしたという情報自体が少し不安要素となってしまっているため、落ちた場合ほどではありませんが審査に悪影響を及ぼしてしまうようです。

3.増額申請は住宅ローンの審査に影響する?

ここで忘れてはいけないのが、カードローンも用途が自由なだけで系統的には住宅ローンや自動車ローンと同じであるという点です。
住宅ローンと自動車ローンが同時に借りられるように、カードローンと住宅ローンも同時に利用することができます。
そのため、増額申請をしたという事実だけで住宅ローンに何らかの影響をしてしまう事は考えづらいです。
増額申請をして審査通過した場合には特に問題はありませんが、少し注意した方が良いのが審査の結果、増額されるどころか減額されてしまった場合です。

 

増額申請 住宅ローン 影響

 

3-1.減額された場合は危険

増額申請をしたのに、むしろ利用限度額が引き下げられてしまった場合の意味を考えてみましょう。
考えられる原因としては、返済期限を守っていなかったり、信用情報に不安がある、などです。
いずれにせよ、減額されるというのは信用情報等に相当な傷があるという事なので、「減額された」という結果が信用情報に記録されている間は各種ローンに限らず、全ての金融商品に利用申請を出さない方が良いでしょう。
へたに申請を出して落ちてしまうと、「申込ブラック」になってしまったりと、どんどん信用情報が悪くなってしまうため負のスパイラルに陥ってしまうかもしれません。